湘南エリアで結婚式場をお探しの新婚カップルのお手伝いをします。

とびっきりのウェディングを湘南の結婚式場カタログとびっきりのウェディングを湘南の結婚式場カタログ
こだわりで選ぶ湘南の結婚式場カタログ
TOP » 知っておくべき結婚式における基礎知識【湘南編】 » 結婚式の費用について

結婚式の費用について

上手な予算の立て方って?

結婚式の費用について考えていく時にまず気になるのが「予算をいくらに設定するか」ということです。イメージとして、「2人の貯金額と援助してもらえる額を合わせた金額が上限になるんじゃないか」と思う方も多いかもしれませんが、実際には、結婚式を挙げるにあたってご祝儀の金額が加わることになります。ですから、予算を立てる際にはご祝儀でいただけると予想される金額についても大まかに頭に入れていく必要があります。ゲスト1人あたりのご祝儀を3万円ほどと考えて、自己負担額にその金額をプラスして予算を立ててみるといいですね。

結婚式にかかる費用の目安が知りたい!

結婚式にかかる費用は、どれくらいの規模の結婚式を行うかによって変わってきます。また、結婚式には挙式と披露宴の2種類がありますが、挙式だけ行うのか、披露宴だけ行うのか、または両方とも行うのかによっても費用に違いが出てくるでしょう。ですから、一般的な目安を挙げるとしても幅広い金額となってしまいますが、150万から380万くらいかかるようです。ただ、挙式だけ行う場合には、20万から40万ほどが目安となるようです。

エリア別・アイテム別の費用相場をチェック!

結婚式にかかる費用は、結婚式を行うエリアやどんなアイテムを選ぶかによっても異なります。そこで、エリア別やアイテム別に結婚式にかかる費用をご紹介します。

エリア別の費用相場をチェック!

「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」によれば、結婚式にかかる費用の全国平均は、354.8万円と言われています。全国平均と比較して、各エリア別の費用相場を確認してみましょう。

首都圏の結婚式費用の相場

首都圏で挙式や披露宴、披露パーティーを行う場合の相場は、370.6万円程度です。首都圏では、350万円から450万円未満の費用をかける方が最も多いようです。全国平均に比べると高い傾向にあり、首都圏における物価の高さから納得することができます。

北海道の結婚式費用の相場

北海道で挙式や披露宴、披露パーティーを行う場合の相場は、207.3万円程度です。北海道では会費制度で披露パーティーを行う風習が残るため、結婚式にかかる費用を抑えられるようです。実際に、100万円から150万円未満が割合として最も多い傾向にあります。

東北の結婚式費用の相場

東北で挙式や披露宴、披露パーティーを行う場合の相場は、362.7万円程度です。300万円から500万円未満の費用をかける方が多いようです。東北エリアでは、100人近くの招待客を招待する傾向も高いため、必然的に費用も高くなる傾向にあります。

東海の結婚式費用の相場

東海で挙式や披露宴、披露パーティーを行う場合の相場は、356.4万円程度です。全国平均とほとんど変わりありませんが、350万円から450万円未満の費用をかける方は全国で最も高い傾向にあります。とくに、豪華な結婚式を挙げることで知られる名古屋では、お色直しの回数や招待客の人数が多く、演出などにかける費用が多い傾向にあることが要因として挙げられます。

関西の結婚式費用の相場

関西で挙式や披露宴、披露パーティーを行う場合の相場は、335.4万円程度です。一見、派手な結婚式をイメージする関西ですが、全国平均や首都圏よりも低めの傾向にあります。最も費用の割合が多いのは、400万円から450万円未満です。その一方で、150万円から200万円未満に抑える方も少なくないため、関西ならではの節約傾向が現れていることが分かります。

九州の結婚式費用の相場

九州で挙式や披露宴、披露パーティーを行う場合の相場は、379.4万円程度で、全国で最も結婚式に費用をかけていることが分かります。九州では、古くから風習やしきたりを重んじる傾向が高いことが一因として考えられます。400万円から450万円未満の費用をかけている方が最も多いようです。

アイテム別の費用相場をチェック!

一生に一度の結婚式だからこそアイテムを充実させて、とびっきり特別な式にしたいと思うものです。そこで、アイテム別の費用相場をご紹介します。

アイテムの中でも最も費用をかけているのがお料理やお飲み物で、招待客の年齢層に合わせて和洋折衷やフランス料理が選ばれます。お料理は招待客をおもてなしするのに重要なポイントであるため、お料理のランク選びが非常に重要になってきます。一方、最近のスタンスとして、当日撮影したビデオを編集し、披露宴中に編集映像を皆で観る傾向にあります。結婚式費用をなるべく抑えるためには、こういったアイテム選びにメリハリをつけると良いでしょう。

見積もりのもらい方とは?

結婚式を行う場合には、結婚式場から必ず見積もりもらうようにしましょう。予算を立てたる際に役立てることができますし、自分たちが行いたい結婚式にはどれくらいの金額がかかるかという目安を知ることができます。結婚式を行うことが決まったら、気になる結婚式場を見学にいき、そこで見積もりを出してもらうといいですね。もらった見積もりを後々活かすためには、結婚式場見学に行くまでに結婚式の大まかな内容をあらかじめ決めておくことが大切です。結婚式は、式を挙げる2人の意向に加え、双方の両親の意向も事前に確認しておく必要があります。結婚式の内容というと、「どんなドレスにするか」とか「演出にどのようなものを加えるか」といったことに目が向きがちです。実際に、結婚式の内容を考える上で費用に大きく関わってくるものは何なのかというと、ゲストの人数です。なので、ゲストを何人呼ぶかということに関しては、早い段階で話し合っておく必要があるでしょう。結婚式を挙げることが決まって最初のうちは、なかなか結婚式の内容をイメージしにくいかもしれません。以下に決めておくべき項目をいくつか具体的に挙げてみます。

このほかにも、相談して必要だと思う項目は追加していくようにしましょう。結婚式の内容を考える際には優先順位をつけていくことも大切です。ただ、一生に一度かもしれない結婚式に臨むにあたっては、自分たちの希望も取り入れたいものですよね。最終的に希望を叶えつつ予算内に収めるためには、複数の結婚式場へ見学にいき、見積もりを比べてみることが大切です。そうすることで、自分たちの希望する結婚式の具体的なイメージが湧いてくるでしょうし、1つ1つにどれだけ費用がかかるのかという目安も分かってくることでしょう。

結婚式の費用を支払うのはいつ?

結婚式の費用を支払うタイミングは、結婚式を挙げる結婚式場ごとで異なってきますので、直前になって分かったということがないよう、事前にしっかり確認しておきましょう。一般的には、契約の時、または式の内容が正式に決まった後というのが多いようです。前払いのほか、結婚式の当日に支払うことができる場合や、支払いは式の後でも可能という場合もあるようですので、自分たちに都合のいい支払方法が選べるのはどこなのか、結婚式場選びの際にチェックしておくといいですね。

こだわりで選ぶ湘南の結婚式場カタログ